2014年10月16日

吉本元芸人「ナンバー1の転職成功者」恵藤憲二氏は、 なぜ大人気服飾会社会長を退任したのか?

今も変わらずにお笑い界を席巻、「吉本芸人がいなければTV番組が成り立たない」と、言われる吉本興業出身者のなかで、「ナンバー1の成功者」と自他ともに認めるのが、服飾会社のMARK STYLER(マークスタイラー 本社・東京都渋谷区)を立ち上げた恵藤憲二氏(48)である。

■飲食&服飾業界で辣腕ふるった宮迫博之の元相方が
その恵藤氏が、9月16日、マークスタイラーの代表取締役会長を退任した。同社は、「EMODA(エモダ)」「MERCURYDUO(マーキュリーデュオ)」などのブランドを展開、20歳前後の若い女性にターゲットを絞り、同じブランドの服を揃える「EMODA族」を生むなど、一部に圧倒的人気を誇る。

売上高も2010年3月期の91億円が、163億円(11年3月期)、273億円(12年3月期)、341億円(13年3月期)、370億円(14年3月期)と右肩上がりで、市場の縮小が続く服飾業界だけに、「アパレルの新星」と、期待されていた。

それだけに、恵藤氏の退任は驚きを持って迎えられた。

「恵藤さんは、昨年までに飲食など他の事業を分離して売却。マークスタイラーに専念したことから、上場の準備を進めているのだと思っていました。今、業界では、会社売却の話も漏れ伝わってきます。となると、事業からすべて撤退。でも、引退には少し早い気がします」(アパレル業界事情通)

恵藤氏は大阪府出身。高校卒業後、19歳で起業してラーメン店を経営。その一方、NSC(吉本総合芸能学院)に通い、現・雨上がり決死隊の宮迫博之と「ぴいぷる」というコンビを組んでいた。「二足のわらじ」をやめたのは、「借金が1億円ある」と、親に聞かされたからで、以降は、並行輸入や飲食などの事業に専念した。

■日本一のキャバクラチェーンを築く
経営の才覚は飛び抜けていた。

芸人を辞める時の目標設定は「吉本興業の売り上げに並ぶこと」というものだったが、2005年3月期、年商383億円を達成。『SPA』(06年1月31日号)のインタビューに、こう答えている。

「(目標を口にした当初は)みんなからツッコミが入りましたけど、僕は真剣でした。おかげさまで次の決算では超える見込みですが、どんなことでも、自分がどうなりたいかという“高さ”の設定って大事だと思います」

この頃、恵藤氏の主たる業務はキャバクラだった。業態と地域によって社名は異なるが、最終的にはINSOUというキャバクラチェーンが、関西を中心に、関東、中国、北陸、四国などで約100店舗を運営。年商は300億円近かった。

そのほか、芸能事業などのヴィズミック、服飾のマークスタイラーなどがあり、その親会社だったのが、恵藤氏が代表を務めるETOAM(エトーム)で、2011年3月期の売上高は454億円に達していた。

私が恵藤氏に興味を持ったのは、一代で日本一のキャバクラチェーンを築き上げ、他の飲食、芸能、服飾などに幅広く展開する事業手腕と、「吉本出身」という出自に似合わない秘密主義からである。

恵藤氏について書かれたものはほとんどなく、わずかに前述の『SPA』が、プロデューサーのおちまさと氏をインタビュアーに、2週にわたって掲載したぐらいだ。

ただ、「社長の腹」という「社長御用達の店」を紹介する軽い読み物なので、どんな事業家なのかはほとんど伝わってこない。キャバクラという風俗事業を展開していることにも触れていない。

秘密主義は、主たる事業が風俗であったことに起因する。大阪を拠点に、キャバクラチェーンを全国展開すれば、嫌でも目立つ。立地場所によっては、反社会的勢力(反社)との関係も生じよう。

■「引退」の狙いは何か?
恵藤氏がマークスタイラーを設立したのは2005年11月である。以来、服飾に事業の重点を移し、INSOUグループは、地元・堺市の友人や後輩で構成する経営陣に任せることが多くなった。

その傾向をさらに強めたのが、2011年10月に全国施行された暴力団排除条例である。反社との関係を遮断しなければならなくなって、INSOUグループの切り離しを決断。2012年末、高校時代からの友人でグループを共に運営してきた守安但氏に売却した。

そこには、「吉本の先輩」である島田紳助氏が、山口組系暴力団幹部との交際で引退に追い込まれたことも念頭にあっただろう。

機を見るに敏な人である。先手先手を打ってリスクに備えた。

300億円のキャバクラチェーンを成功させた手腕と、それを見切ってアパレル業界に転換する決断力は、暴力団排除の機運を乗り切れぬまま逼塞している風俗など“境界線”の経営者に、なにがしかのヒントを与えるのではないかと思われた。

そこで、これまでに取材依頼を繰り返したが、残念ながら応じてはいただけていない。一度は、広報窓口に日時を決めてもらい、取材のセッティングもされていたのだが、当日、キャンセルとなった。

売上高370億円で経常利益2億円。従業員880名のマークスタイラーは、市場価格で100数十憶円になると目されている。恵藤氏は、それを元手に新たな事業にチャレンジするつもりなのか。

デリバティブ取引

timex 時計
fossil 時計
and1
innovator
パトリック スニーカー
lavenham
wesco
onitsuka
グレンロイヤル
dcshoecousa
バッグ ブランド
bark
dacota
メレル
posted by hello at 16:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。